育児休業制度・短時間勤務制度に伴う行動計画

 

社員の働き方を見直し、社員が仕事と子育てを両立させることができ、
社員全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての社員がその能力を十分に発揮できるよう
次のように行動計画を策定する

 

1、計画期間  平成27年3月1日~平成30年2月28日までの3年間

 

2、内容  

 目標1:妊娠中の女性社員の母性健康管理・育児休業制度についてのパンフレットを作成して
     制度の周知を図る

<対策>
●平成27年3月~ 法に基づく諸制度の調査・社員の具体的なニーズ調査

●平成27年4月~ 育児休業規定・介護休業規定の実施
          説明会・社内文書等による周知・啓発を実施する

 

 目標2:小学生未満の子を持つ社員が、希望する場合に利用できる短時間労働者制度を導入する

<対策>
●平成27年3月~ 育児休業規定・介護休業規定の整備改定作業に取り組む

●平成27年4月~ 説明会、社内文書等による周知・啓発を実施する

 

 目標3:育児休業を取得しやすく職場復帰しやすい環境の整備として
     育児休業期間中の引継ぎ、代替要員の確保や業務内容、業務体制を見直し、
     また、相談窓口を設置する

<対策>
●平成27年3月~ 従業員への質疑・応答による実態把握、窓口設置

●平成27年4月~ 勤務の実施、勤務時間の変更

●平成27年4月~ ホームページに休暇期間を掲載